燃料電池車(FCV)に試乗してきました

昨日、市内で試乗会をしていたので、水素で走る燃料電池車(FCV)に試乗してきました。

燃料電池車MIRAI
燃料電池車MIRAI

水素社会に関する講演会も開催されていて、合わせて参加しました。

燃料電池車はトヨタのMIRAIです。1回の水素充填で650km走れるとか。満タンにする水素ガスが約120L(70MPa)で、大雑把に7,000円だそうです。155馬力ですが、トルクが約34kg・mと、ガソリンエンジンで3L並みです。実際、アクセルを踏み込んだ時のレスポンスの良さに驚きました。価格は約730万円で、助成金が200万円ほど出るとのことでした。燃費から言っても、高級車クラウンを買おうと思う人は、購入ターゲットにすることができるかもしれません。乗り心地が良かったので、もう少しお得感(例えば、自動車税を0円にするとか)があったらよいのにと思いました。それにしても、水素を電気分解で作るのは、シンプルですが、コスト的には最も不利だとは知りませんでした(水素1m3を作るのに、約5kWh必要)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です